子供たちが空に向かい両手をひろげ
孩子們向著天空伸出雙手
鳥や雲や夢までもつかもうとしている
想要抓住鳥兒白雲還有夢想

その姿はきのうまでの何も知らない私
一個個身影和昨天一無所知的我多麼相似
あなたにこの指が屆くと信じていた
一直深信指尖能觸碰到你

空と大地がふれあう彼方
在天空和大地相交的彼方
過去からの旅人を呼んでる道
呼喚從過去而來的旅人的道路
あなたにとって私ただの通りすがり
對你來說我不過是過客罷了
ちょっとふり向いてみただけの異邦人
稍微多看了一眼的異邦人


市場へ行く人の波に身體をあずけ
我在走往市場的人群中隨波逐流
石畳の街角をゆらゆらとさまよう
徬徨迷失在石板地街角

祈りの聲ひずめの音歌うようなざわめき
祈禱聲 馬蹄聲 嘈雜交織成歌
私を置き去りに過ぎてゆく白い朝
時間走到了白晝 丟下了我

時間旅行が心の傷を
時間旅行莫名地填埋了內心創傷
なぜかしら埋めてゆく不思議な道
是一條多麼不可思議的道路
サヨナラだけの手紙迷い続けて書き
我在迷惘中繼續寫著只有再見的信
あとは哀しみを持て餘す異邦人
最後只剩下滿腔悲傷的異邦人
あとは哀しみを持て餘す異邦人
最後只剩下滿腔悲傷的異邦人

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()