遠くに ゆっくりと 梅雨が來て
遙遠處 梅雨緩緩而來
空からそっと投げた 絹の糸の雨
似是天空輕投來 雨點軟如絲絹

靜かな街並は 色あせて
寂靜街道 模糊了色彩
あの人を見送る道 手をふりながら
我目送那人離去 揮手作別

渡れる 渡れない
渡過 渡不過
二人が 名付けた橋
兩人所命名的橋
渡れる 渡れない
渡過 渡不過
ああ あじさい橋
啊 紫陽花橋

小さな この傘を 開いたまま
一直撐著 這小小雨傘
欄幹に 立てかければ 思い出の花
叢叢攀上欄杆 名為回憶的花兒


グレイの雨雲を 幾重にも
鉛灰雨雲 重重壓下
著物のように 著てる 空に虹の帯
天空輕繞上宛如和服腰帶般的七色彩虹

瞳で受けとめた 戀の終り
一雙眼默默接受 戀情的終結
雨の粒 いつのまにか 涙になった
雨點不知不覺間 化為淚滴

渡れる 渡れない
渡過 渡不過
二人の思い出橋
兩人的回憶橋
渡れる 渡れない
渡過 渡不過
ああ あじさい橋
啊 紫陽花橋

いつでも この場所で 待ち合わせた
一直相約於此
あの頃が 切なすぎて 佇んでいた
那時悲傷難抑 只能久久佇立


渡れる 渡れない
渡過 渡不過
一人の 今の私
我現在孤身一人
渡れる 渡れない
渡過 渡不過
ああ あじさい橋
啊 紫陽花橋

心に いつまでも 咲いている
無論何時仍在心中盛放
あの人と この橋の あじさいの花
那人 這橋 還有紫陽花兒

あの人と この橋の あじさいの花
那人 這橋 還有紫陽花兒

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()