人目忍んだ道に疲れ果て
早已倦怠於避人眼目
隠し通した夢から醒める
我終於從虛假夢中醒來
愛し合ってはいけないあなたを
無法與你相戀
宿の窓辺からそっと見送る
只好靜靜立於窗邊目送你離去

もしも私が空に住んでいたら
若是我棲息於天空
悲しみを集めて 雨を降らせるわ
將收集悲傷 降成雨滴
人は誰でもずぶ濡れになって
人們全身濕透
いつかの青空を思い出すでしょう
會想起當時的藍天吧


月に一度の逢瀬を重ねて
一月一次偷偷相會 慢慢累積
手に入れたものは偽名と孤獨
所得到的 只有一個假名與無限孤獨
あなたが襖を靜かに締めてく
你輕輕為我蓋上被褥
そんな気遣いがため息になる
那樣的體貼化為一聲嘆息

もしも私が空に住んでいたら
若是我棲息於天空
ふしあわせな人にそっと陽を射すわ
將以暖陽 輕輕撫慰不幸人們
頬の涙は觸れられないけど
雖然無法觸碰到臉頰淚滴
自分のその指で拭う日が來る
終有一天會以自己的指尖拭去


出逢ったこと 愛したこと
相遇 相愛
そのすべては運命だと信じているけど…
我深信這一切來自命運安排…

もしも私が空に住んでいたら
若是我棲息於天空
悲しみを集めて 雨を降らせるわ
將收集悲傷 降成雨滴
人は誰でもずぶ濡れになって
人們全身濕透
いつかの青空を思い出すでしょう
會想起當時的藍天吧

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()