長距離バスに揺られて
長途大巴一路顛簸
海沿いの道を行く
沿著海邊公路駛去
青い海の向こうから
從蔚藍大海的彼岸
話しかけられているようで…
我好像能提起勇氣和你說話…

あなたが生まれた街
你誕生的街道
ただ一人で來てみたかった
我想獨自前往

初めてなのに懐かしいのは
明明是第一次 卻無比懷念
終わってない私の戀のせいね
也許是因為我無疾而終的戀情
腕の枕で聞かせてくれた
你躺在我的懷裡 聽我訴說
いつか一緒に行こうよなんて…
某天一起奔往那個地方吧…
約束をもしもしていたら
假如約定能成真的話
どうだったのかな?
我們會變成怎樣呢?


入江の先の燈檯
入海口前方的燈塔
少年の記憶たち
藏著年少無數回憶
窓を少し開けた時
我輕啟窗戶的一瞬
波が騒ぎ始めたよ
海上波浪開始翻湧不息

私が愛したもの
我所愛的一切
そのすべてを確かめたい
此刻想要確認

思い出よりも鮮やかだった
比回憶中的畫面 更加鮮活
描いていた頭の中の景色
我無數遍在腦海裡描繪的景色
左の耳で教えてくれた
你曾經在左耳邊 告訴過我
海の青さと古い町並み
大海的蔚藍 還有那古老的街道
あの頃にここへ來ていたら
假如那時來這裡的話
続いてたのかな?
我們會繼續下去嗎?

初めてなのに懐かしいのは
明明是第一次 卻無比懷念
終わってない私の戀のせいね
也許是因為我無疾而終的戀情
腕の枕で聞かせてくれた
你躺在我的懷裡 聽我訴說
いつか一緒に行こうよなんて…
某天一起奔往那個地方吧…
約束をもしもしていたら
假如約定能成真的話
どうだったのかな?
我們會變成怎樣呢?

懐かしい初めて
懷念的第一次

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()