砂の丘の上で僕はずっと君のことを待っていたんだ
站在沙丘之上 我一直默默等待著你
空に手を翳して風には色があるっていつか言ってたね
伸手探向天空你曾說過「風也有顏色呢」
気にしなかった君のどうでもいいつぶやきに意味があった
從前沒有察覺你莫名的低語原來藏著深意
目に見えるものは世​​界の一部だってこと教えられた
是你教會了我眼裡所看到的只是世界一隅

だから瞼を閉じて僕は見ようとしてる
所以我閉上眼睛 想要看清
そう本當に大切な あの地平線
真正重要的 是那地平線啊

悲しみなら忘れられるけど
就算能輕易忘記悲傷
愛はなかなか消えやしないよ
卻無法抹去愛的存在
僕が死んで灰になっても
即使我死去化為灰燼
愛しさはセブンスコード
愛意仍是Seventh Chord


スニーカーから知らぬ間に溜まった思い出と砂を出して
我從帆布鞋裡一氣倒出不知不覺間堆積的回憶和沙礫
空っぽにすれば昨日までの歩き方より楽だろうか
讓它清空的話我的步履是否會比昨天輕鬆一點呢

君を抱きしめた時の體溫覚えているよ
抱緊你時的溫度 如今我還記得
あれはたぶん 燻った そう情熱さ
我想那大概是 熱情在冒菸吧

やさしさなら拒否できるけど
即使能輕易拒絕溫柔
愛はいつでも受け入れるだけ
卻總是納下一切愛意
不安定な想いのように
像是那不安定的思緒
あの日からセブンスコード
那一天起Seventh Chord


風車の羽根が 回り
風車葉不停轉動
青い空を 掻き混ぜている
攪亂了蔚藍色的天空
風は 光の中で
而風在光芒之中
何色に変わったのか?
幻變出何種顏色了呢?
僕たち…
我們…

悲しみなら忘れられるけど
就算能輕易忘記悲傷
愛はなかなか消えやしないよ
卻無法抹去愛的存在
僕が死んで灰になっても
即使我死去化為灰燼
愛しさはセブンスコード
愛意仍是Seventh Chord

孤獨とはセブンスコード
孤獨就是Seventh Chord

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()