僕はあれから向かい続けた
從那以後我一直面對著
記憶より大きなキャンバスに
比記憶中還要巨大的油畫布
どんな絵の具を使ったって
無論用任何畫具
そんなに透き通った目は描けない
也無法描繪出那樣清澈的雙眼

君の清らかなその心は
你澄澈無比的一顆心
鏡のように映してしまう
像鏡子般反射著
僕の汚れたものをすべて
我體內藏著的一切污穢
どこかに捨てなければもうここを出る
無法拋棄的話只能從這裡離開

ドガのように
我多想像德加那樣
光の中の君を映したい
映出光芒中的你
愛のために僕は何をすればいいのだろう
為了愛情 我該如何是好
もっと君を 知りたいんだ
想了解更多你的一切


床に溢れた半円の日向
半輪陽光溢出床邊
窓から溢れる天使たち
天使從窗外飛了進來
君は木のバーに摑まって
你抓著木質扶手
遠くを見てるようにレッスンしてた
練習時好像在凝望遠方

長くしなやかなその手足は
修長柔軟的四肢
言葉以上に語り始めた
無言地開始訴說著
僕が夢を見ていたものは
我在夢中看見的一切
本當に僕が欲しかったものかな
也許就是我真正想要的東西吧

ドガのように
我多想像德加那樣
光の中の君を映したい
映出光芒中的你
キャンバスと筆と絵の具買ってきたけれど
雖然買好了畫布畫具
素顔の君を 知らなかった
卻沒有見過素顏的你

バレリーナ誰のために君は踴ってるの
芭蕾舞孃 你為了誰而舞蹈
バレリーナ 幼いころ信じていたもの
芭蕾舞孃 從小心懷的信念
ドガのように
我多想像德加那樣
光の中の君を映したい
映出光芒中的你
ドガのように
我多想像德加那樣
せめて絵の中伝えたかった
至少想在畫中告訴你
美術部に入った理由
我加入美術部的理由

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()