長いその廊下を近づいてくる
沿著長長走廊越來越近
ブーツの足音で君と分かったよ
我知道那是你的靴子聲音
まるで悲しみから吹っ切れたように
悲傷聽來彷彿都被吹散
いつもの君らしくどこか楽しげに
更像平日的你 輕鬆快樂

この部屋を飛び出したのは君だった
你首先逃出了房間
どうでもいい言い合いに疲れてしまったんだろう
大概是對這種無聊的爭吵感到疲倦了吧

100年先でも僕は待っているよ
即使在百年後我也在等待著
君が帰ることを絶対に信じてたんだ
我深信你一定會回來
愛とはいつだって永遠の長ささ
愛情和永遠擁有相同長度
そんなこともあったねと
說著居然還有這種事呢
目を細め笑える日が來る
我們瞇起眼微笑的那天終將到來


ドアフォン鳴らさないでノックするのは
不按門鈴而選擇敲門
いつか見た映畫のマネだと言ってた
你說過這是在模仿曾看過的電影
もちろんお互いにごめんを言わず
彼此理所當然不說抱歉
サッカーどうなってると冷蔵庫へ向かう
你邊問我足球怎麼樣了邊走向冰箱

仲直り確かめたかった 反省しない
想要確認是否和好 我卻沒有反省
僕たちはまっすぐに見つめ合いすぎたんだろう
我們大概過分直視對方了吧

100年先でも僕は愛しているよ
即使在百年後我也愛著你喲
君が不幸だったら迷わずに
假如你陷入不幸 毫不猶豫
ここに來ればいい
到這裡來就好了
戀人とはそう運命のパートナー
戀人就是命運中的搭檔
いい時も悪い時も
無論幸運還是不幸
どこにいても帰る場所がある
無論身在何方總有歸處

100年先でも僕は待っているよ
即使在百年後我也在等待著
君が帰ることを絶対に信じてたんだ
我深信你一定會回來
愛とはいつだって永遠の長ささ
愛情和永遠擁有相同長度
そんなこともあったねと
說著居然還有這種事呢
目を細め笑える日が來る
我們瞇起眼微笑的那天終將到來

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()