舌を感じるような名前殘したシーン
那一幕仍殘留在舌尖
さっきまで隣で寢ていた気がする
好像你剛才還睡在我身邊
だらしない生活があなたへの當てつけだって
墮落生活是對你的諷刺
二流小説ならありそうだから
二流小說裡的慣常情節

気が抜けたビール
灌下一杯漏氣啤酒
何錠飲んだかアスピリン
還有數不清的阿司匹林
シェイド下げた窓の外の太陽までは
即使落下遮陽簾 還是殺不死
殺せやしない ダーリン
窗外太陽 DARLING

夢のdead body どこに捨てた
你將夢想屍骸丟在哪裡
微かに覚えているのは優しい言葉
我隱隱記得只有溫柔話語
夜の闇はどこへ続くのだろう
深夜黑暗將往何處延伸
白いシーツの上 並べられた噓
白色襯衫上 整齊排列著謊言


誰が吸ったのか空のカズベックオーバル
是誰在抽煙 天空中泛著朵朵煙圈
先のこじれた記憶灰になって消えてた
剛才鬧彆扭的記憶 已經化為灰消失
バスルームの鏡に若さを無駄使い
面對浴室鏡子 浪費青春
捨てられた女は目も當てられない
被拋棄的女孩 誰也不會多看一眼

長い爪で摑んだような
像是被長長指甲抓緊
不安定危うい愛を
搖搖欲墜的危險愛情
誰のせいで落としたのか考えるたび
每當細想是因為誰而掉落時
頭が痛い ダーリン
頭痛欲裂 DARLING

夢のdead body どこに捨てた
你將夢想屍骸丟在哪裡
全てを忘れたふりしてた昨夜の涙
昨夜的眼淚假裝忘掉了一切
どっちがしたのだろう別れ話
到底是誰先說出別離
フィクション かき混ぜて
真實虛構混為一談
天井のファン回ってる
天花板風扇正慢慢迴旋


そう真実とは一方的な妄想
真實不過是片面妄想
信じてはいたっけ愚か ダーリン
只有笨蛋才會相信 DARLING

夢のdead body どこに捨てた
你將夢想屍骸丟在哪裡
微かに覚えているのは優しい言葉
我隱隱記得只有溫柔話語
夜の闇はどこへ続くのだろう
深夜黑暗將往何處延伸
白いシーツの上 並べられた噓
白色襯衫上 整齊排列著謊言
そう 私はdead body
是啊 我只是屍骸

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()