秋が來るのはいつも あっと言う間で
秋天總是在 一轉眼間到來
何の準備もできず 戀に破れる
我沒有任何準備 被戀愛打敗

クリーニングに出したノースリーブたち
全部清洗完畢 無袖衣服
ビニールの中に 閉じ込めた渚
塑料收納袋中 關著一整個海灘

太陽に灼かれて 海風に吹かれて
太陽曝曬 海風吹拂
抱きしめ合った
我們緊緊相擁
ひと夏の愛しさ 波間に遠ざかる
夏日愛戀 隨浪遠去
儚いね
總是那麼虛幻
太陽に灼かれて 海風に吹かれて
太陽曝曬 海風吹拂
名前を呼んだ
呼喚你的名字
ヒールの高い靴じゃ あの日の砂浜は
細高跟鞋 那天海灘
歩きにくい
走得格外笨拙
裸足になる気にはなれないけど…
我卻是沒有一絲想要裸足的心情…


冬は足音を消して 背後に回り
冬天抹去足音 在身後盤旋
カーデガン羽織っても 肌寒くする
即使披上毛衣開衫 還是覺得寒冷

戀をしていると そわそわしてしまう
每次陷入戀愛 總是格外不安
目の前のことも 覚えていないの
連在眼前的一切 也記不起來

首筋の陽灼け ひりひりしてたのに
頸脖日曬 仍然灼痛
忘れていたわ
我早已經忘記
悲しみも寂しさもどこかに置いて來た
悲傷寂寞 丟在某處
感情ね
包括那份感情
首筋の陽灼け ひりひりしてたのに
頸脖日曬 仍然灼痛
嫌じゃなかった
其實並不厭惡
後悔するくらいの 強い陽射しだから
幾近後悔 強烈日曬
惹かれるのよ
我被深深吸引
パンプス脫ぎ捨てていいと思った
甚至想著假如脫掉鞋子該有多好

太陽に灼かれて 海風に吹かれて
太陽曝曬 海風吹拂
抱きしめ合った
我們緊緊相擁
ひと夏の愛しさ 波間に遠ざかる
夏日愛戀 隨浪遠去
儚いね
總是那麼虛幻
太陽に灼かれて 海風に吹かれて
太陽曝曬 海風吹拂
名前を呼んだ
呼喚你的名字
ヒールの高い靴じゃ あの日の砂浜は
細高跟鞋 那天海灘
歩きにくい
走得格外笨拙
裸足になる気にはなれないけど…
我卻是沒有一絲想要裸足的心情…

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()