あの頃 僕らは 授業をサボって
那時候的我們 總是在翹課
ゲーセンに屯していた
一直窩在遊戲中心
塾とか部活とか かったるく見えて
補習班社團活動 看起來無趣乏味
どこかで時間潰したかった
好想到哪裡打發時間

やりたいことが 何も見つからなくて
想做的事情 一件也找不到
生きてるだけで 無駄だと思った
活著這件事 我只覺得浪費

確信がもてるもの どこにもない
確信的東西 無處可尋
大人たちだって 間違えるよ
所謂的大人 也會犯錯
今すぐ 學校に戻れと 補導され
現在馬上 回去學校 強迫輔導
抵抗した瞬間 警官を毆った
抵抗的一瞬間 我狠揍了警察


あれから僕らは 鑑別所へ行き
從那以後 我們進入了少年收容所
監視され若さを削った
青春被監視無情剝奪
できないことばかり 數えていたから
數著一件件做不到的事情
今すぐ何か始めたかった
現在好想開始什麼

やりたいことはいつもそこにあるんだ
想做的事情 一直就在那裡
就寢の合図で あきらめてたけど
就寢的暗號 卻讓我們放棄

確信がもてるもの 忘れるな
確信的東西 不要忘記
生まれ変われるって ことなんだ
這就是傳說中的重生啊
ブラックリスト載っても 構わない
就算被記錄在黑名單上 也無所謂
それは過去の過ち もう誰も毆るな
那是過去的錯誤 我不會再揍誰了


生きることは 手探りすることさ
生存的意義 就是不斷探索
思いがけず 何かに傷つくこと
意想不到時 被什麼所傷害
生きることは 真っ赤な血を流すこと
生存的意義 就是流下熱血
それでもまたもっと無様に歩き出そう
即使如此 仍然繼續邁出腳步吧

這一刻

確信がもてるもの どこにもない
確信的東西 無處可尋
大人たちだって 間違えるよ
所謂的大人 也會犯錯
今すぐ 學校に戻れと 補導され
現在馬上 回去學校 強迫輔導
抵抗した瞬間 警官を毆った
抵抗的一瞬間 我狠揍了警察

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()