落書きだらけの地下鉄が地上を走った數分間
滿佈塗鴉的地鐵在地面飛馳的幾分鐘裡
俺たちが生まれたハーレムが楽園に見えるよ
我們誕生成長的廢墟 看起來像個樂園

壊された消火栓までが変わっていない街
包括壞掉的消防栓 街道沒有絲毫改變
歩けば仲間たちが ハグを求めて來る
走在路上 夥伴們 一個個上前擁抱

JJに借りを返しに來たガキの頃の話さ
我為了歸還JJ的東西而來那是童年時的事情
あいつのことだから もう何も
按那傢伙的性格 大概什麼都
覚えていないだろう
不記得了吧
奴に借りを返しに來たずっと気になっていたんだ
我為了歸還那傢伙的東西而來一直暗暗記掛在心
忘れててくれりゃすぐ済むさ
要是忘了的話那就算了吧
ビールを飲んで帰ろうかな
喝點啤酒再回去好了


あの頃の俺たちのようなガキたちがタイヤを焼いてる
和那時的我們一樣一群小孩正在燒著輪胎
誰も住んでない廃墟なのに洗濯物がいっぱい
明明是無人居住的廢墟卻有一堆待洗衣服

建前と本音があるのはどこの街も同じなんだ
場面話和心聲交織所有城市大概都一樣吧
イリーガルな世界にも守るべきルールがある
即使在違法的世界裡也有著必須遵守的規則

JJに會わないわけにいかねえいつからか思ったよ
我一定要和JJ再見一面是從何時起一直想著
大人になったから 今なんだ
慢慢長成了大人 就是現在
俺は決心した
我下定了決心
奴に會わないわけにいかねえ妻と娘に電話して
我一定要和那傢伙再見一面給妻子女兒打電話時
何も言えぬまま切ったのは
什麼也說不出口就掛斷是因為
俺に守りたいものができたのか?
我已經有了想要守護的東西嗎?


懐かしいあのバーで近況で盛り上がって
在懷念的那家酒吧里 熱烈地聊著近況
あの夜の拳銃の トリガー引いた
那一晚我扣下了 手槍扳機

JJに借りを返したんだ俺の念願だったけど
我已經歸還了向JJ借來的東西雖然一直是我的心願
大人になってから どうでもいい
但當長成了大人後 卻變得無所謂
忘れそうになったよ
幾乎忘得一干二淨
奴に借りを返したんだやっぱり許せなかった
我已經歸還了向那傢伙借來的東西還是無法選擇原諒
大事にしていたプライドは
曾經那麼重視的尊嚴啊
ガキの頃からずっと変わらねえ
從童年時一直沒有改變過呢

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()