揺れる木漏れ日 夏の石段
樹木輕搖下細碎陽光 夏天的石階
二段跳びして 走って登った
連跳兩級 我奔跑著往上攀登

髪も濡れてる プールの帰りに
頭髮還滴著水珠 從游泳池回家路上
待ち合わせした 小さな神社
我們相約在 那小小的神社前

クラスメイトには 秘密にして
對同班同學也要保守秘密
わざと遠い回り道が私たちの戀の予感
故意繞了一下遠道是我們之間的戀愛預感

青空カフェでもっと話そう
在藍天咖啡店盡情暢談吧
缶コーヒーを そう飲みながら
一邊喝著罐裝咖啡
緑の風に吹かれていよう
一邊享受著清風拂面
蟬の聲さえ忘れるくらい
甚至忘記了夏蟬鳴叫
心を許した 時間の魔法
兩心相許 時間的魔法


沈む夕陽に 山は濃くなり
夕陽慢慢沉下 山色一點點從淡轉濃
別の世界に 2人はいるのね
我們兩人 現在身處另一個世界

楽しかったと 見つめた瞬間
內心無比快樂 在四目相對的瞬間
鳥が一斉に 今 飛び立った
鳥兒們同時 展開了翅膀飛翔

友達でいれば學校でも
保持朋友關係 但回到學校
意識せずに會えるけれどこれから先どうすればいい?
也會在無意識間碰上面吧這以後我們該如何是好?

青空カフェでキスはできない
在藍天咖啡店可不能接吻
誰かにきっと見られているよ
絕對會被別人看見呢
そんな妄想 浮かべただけで
只是在腦海裡妄想一下
恥ずかしくなって視線逸らした
就害羞得忍不住移開視線
ロマンスお預け 魔法が解けた
浪漫暫存 魔法解開啦


青空カフェでもっと話そう
在藍天咖啡店盡情暢談吧
思ったよりも明るいんだね
你比想像中更為開朗呢
月の光に照らされながら
我們沐浴在溫柔月光下
もう少しだけ帰りたくない
現在還不想回家去呢

青空カフェでもっと話そう
在藍天咖啡店盡情暢談吧
缶コーヒーを そう飲みながら
一邊喝著罐裝咖啡
緑の風に吹かれていよう
一邊享受著清風拂面
蟬の聲さえ忘れるくらい
甚至忘記了夏蟬鳴叫
心を許した 時間の魔法
兩心相許 時間的魔法

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()