校庭の地面の熱が
校園地面的熱度
近づく夏の そう気配を伝えてた
傳遞著夏日即將到來的訊息
制服の上著を脫いで
脫下了製服的上衣
走り出す背中が僕には眩しかった
你奔跑的身影無比耀眼

この手を伸ばせば逃げてくような
伸出手去 就會溜走
ひらひら舞ってる蝶を捕まえたい
我多想抓住那翩翩飛舞的蝴蝶

夕立が來そうだ 青空が暗くなった
雷陣雨漸近 藍天暗了下來
もし雨が降ったら心はどこへ隠すの?
當雨滴下時 心該去往何處?
雨雲が動いた 風もその向きを変えた
雨雲在移動 風也隨之轉了方向
ずぶ濡れになっても
即使全身濕透
君のそばにいたかった
我還是想要留在你身邊


炭酸のシュワシュワみたい
像是碳酸泡沫般
小さな穴がほらグラウンドに開いていた
運動場上滴開一個個小洞
何粒の雨が落ちて
要落下多少雨滴
君たちはここまで戻って來るのだろう?
你們才能重新回到這裡呢?

大人になるのは簡単だけど
長成大人多麼簡單
ゆっくり素敵な花を見つければいい
只要慢慢尋找最美麗的花兒

夕立が來そうだ 遠い空 光ったんだ
雷陣雨漸近 遠處天空光如白晝
傘なんて持ってない天気予報は外れた
我沒有帶傘 天氣預報錯了
僕のこと気づいてどんな顔するのだろう?
你看到我時 會是怎樣的表情?
この場所にいる意味
停在這裡的意義
切な過ぎて蒸し暑い
酷熱教人無限悲傷


付き合い始めるその直前
在開始交往前一刻
誰も胸の奧のどこかに
每個人的內心深處
ザーザー雨が降り出しそうな感情
大概同樣流淌著暴雨傾瀉般的感情吧

夕立が來そうだ 青空が暗くなった
雷陣雨漸近 藍天暗了下來
もし雨が降ったら心はどこへ隠すの?
當雨滴下時 心該去往何處?
雨雲が動いた 風もその向きを変えた
雨雲在移動 風也隨之轉了方向
ずぶ濡れになっても
即使全身濕透
君のそばにいたかった
我還是想要留在你身邊

緑の葉っぱの裏で
綠葉背後
君は羽根を休め
你收起了羽翼
虹色のあの空へ
朝著彩虹色的天空
飛び方に迷っていた
忘記瞭如何飛翔

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()