SCTW  

作詞・作曲・編曲:山口高始

翻譯:前田阿飄

愛 世界 全開エモーション抜けて
新時代恋愛ステーションに立って

愛 世界 旺盛的情感通通都丟到一邊

站上新時代的戀愛站台

メランコリーに求めた
【たりない】のシークが【せつない】のチーク 濡らして
心臓に棘を突き刺してく

被憂鬱驅使

【不滿足】的搜尋著 卻讓那【哀淒】的臉龐 染溼了

心臟被荊棘狠狠刺穿了呀

僕を照らす 下弦の月明かり 会いたい気持ちが暴走して
悲しいくらいに強がって 正しい声を隠した
夜の闇に潜む獣だって 近づくたびまた立ち止まって
「明日 何か変わるかな」って 夜明けのドア ノックをしてる

在照亮我的 下弦月光之下 想見你的心情開始暴走

感到悲傷什麼的還是繼續逞強 把真的心聲給隱藏起來

就連潛伏在暗夜的野獸 每當如此接近哀愁也會停下腳步

想著「明天又會有什麼事情改變了呢?」 已敲開了拂曉的大門

 

そうさ倦怠限界的二人が (セイギセイ サイセイ メイレイ)
恋心不完全燃焼を誘って (レイセン ニカイセン)

是阿瀕臨疲倦極限的兩人  (正義製造 再製造 這是命令)

只能引起戀心的不完全燃燒  (冷戰 再冷戰)

ぬるい惰性の中
【あいまい】のピークが【おしまい】のビープ 鳴らして
涙腺に寂を溜め込んでく

在不願怨恨也不想生氣的惰性之中

【曖昧】的高朝潮將【結束】的鈴聲 敲響了

我的淚腺裡悄悄的累積了寂寞

君を照らす 下弦の月明かり 退屈しのぎに切り出した話
「二匹のウサギたちがじゃれあってる」って言った
「とりあえず嘘か本当か 来週月に連れてって」
なんで?胸が苦しくなって 剥がれたメッキ 拾い集めてる

在照亮你的 下弦月光之下 為了緩解尷尬而擠出的話語

說著「兩隻小兔子正在嬉鬧呢」

「無論是真的還是假的 下週都將我帶上月亮吧」

為什麼呢?胸中總是感到苦悶  將已剝落的偽裝 再次拾取回來

ああ 非常スイッチで 毒性の依存に浸かって 快楽にむしゃぶりついてる

阿~  按下了緊急開關  沉浸在有毒的依賴中  想盡辦法抓住那樣的快樂

あいかわらず 下弦の月明かり うまくココロ伝わんなくて
ひとり 笑顔とりつくろって 冷たい雫こぼした
あの日くれた 未来の言葉なんて 全部忘れてしまいたいな
今日も番って寄り添って 夜明けの空 待ってたりしてる

在一如以往的 下弦月光之下  沒有辦法好好的將心意傳達

一個人 填補著笑容 如同灑出冰冷的水滴

那一天收到的 關於未來的話語 真想全部都忘掉阿

今天也依偎在一起 等待著著黎明的天空到來

ああ 下弦の月明かり

阿~ 下弦月的月光

 

翻譯:前田阿飄

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()